となり屋について

主な事業はネットショップの運営です。

現在(2021年2月)のところ、運営しているネットショップは1つだけです。

以前はAmazonでも商品を販売していたのですが、ネットショップに集中するため現在休止中です。

ショップについて

となり屋ロゴ
 

少し懐かしいデザインの紙素材や雑貨を集めたお店「Retro Talks(レトロトークス)」を、2019年12月に開店しました。

新着情報などは、Retro Talksのトップページのほか、Twitterでも発信しています。

まだPinしている商品は少ないのですが、PinterestからもRetro Talksの商品ページにジャンプできます。

以下のSNSでも情報を発信していく予定だったのですが、すっかり止まっています。またいつか再開したいです……。

屋号の由来

「となり」には、「隣」と「と成り」の2つの意味を込めています。

  • 隣:身近な店でありたい。
  • と成り:いつか「と」に成りたい。

「将棋」で一番弱い駒「歩兵(歩)」は、前に1マスしか進むことができません。

しかし「歩」は敵陣に入ると、裏返って「と金(と)」になることができます。「と」は縦横と斜め前に1マス進むことができる「金将」と同じ性能をもちます。

今は「歩」でも、一歩ずつ前にまっすぐ進んで、いずれは「と」に成長したいと願い、屋号に「となり」を入れました。

※駒が成ることは、一般的には「成金」と言いますが……。
「成金屋」は見送りましたが、そう呼ばれるくらい儲けてみたいものです。

※なぜ「歩」の駒を裏返すと「と」と書かれているのか? その理由は諸説あります。
また「と」は日本語のひらがなの「と」に似ていますが、別の文字の可能性もあるそうです。